血圧が上がったら処方される薬と副作用

血圧が上がったら処方される薬と副作用

血圧の値が最高値で140以上、または最低値で90以上になると、高血圧、と言われます。そうなると治療を受ける事になる場合が多いですが、どのような薬が処方されるのか、また、どのような副作用があるのか、気になりますよね。そこで、血圧が上がったら出される薬と副作用について、調べてみました。

まず、日本で一番多く使われている薬が、血管の筋肉に入ってくるカルシウムをブロックする薬です。カルシウムが入って来ると、物質は硬くなるイメージが浮かびますよね。まさに、カルシウムイオンが血管の筋肉に入ってしまうと壁が硬くなってしまいます。それを防ぐことがこの降圧剤の目的です。そして、副作用は、動悸、頭痛、むくみ、便秘などがあるようです。

この次に使われているのが、血管収縮を抑え、交感神経が過剰に働き過ぎるのを抑えて血圧を下げる降圧剤です。特に、心臓病や腎臓病、糖尿病を患っている人によく使われるようです。副作用は少ない薬です。

日本では主に上記2種類の薬が使われるようですが、その他、若い人の高血圧に向いた薬、早朝の高血圧を下げる薬、など、目的に合わせて様々な降圧剤が選択されます。組み合わせて出される事も多いようです。

それぞれの体質や持病によって、副作用が起きる事は皆無ではありませんが、だからと言って薬を飲まずに高血圧を放置するのは危険です。重要な疾病を招く恐れがあるからです。副作用が心配な方は、医師や薬剤師に十分相談をして、指示通りに服薬することをお勧めします。