血圧の上昇により生じるめまいなどの症状

血圧の上昇により生じるめまいなどの症状

私たちの体の中では、血液が絶えず流動しています。その流れを司るのが心臓ですが、心臓が血管に血液を送る際には圧力がかかり、どれくらいの圧力なのかを確認するのが血圧値です。心臓が収縮して血液を送り出すときに血圧値は最高になり、その後拡張する時に血圧値は最低になります。この最高値と最低値を測ることで、健康状態を調べます。

最高値が140以上、または最低値が90以上になると、高血圧と呼ばれます。人によって様々ですが、基本的には高血圧自体にはさほど自覚症状はないと言われています。高血圧自体は怖い病気ではなく、それによって引き起こされる心臓病や脳卒中が危険なのです。自覚症状なく、静かにいつの間にか体をむしばみ、深刻な疾病を引き起こして死に至らしめる可能性があることから、高血圧は「サイレントキラー」とも呼ばれています。

高血圧に自覚症状はあまりないと言いましたが、肩こり、めまい、頭痛、などをもよおす事もあります。逆に言うと、このような症状を感じたら、危険信号だと思ってください。そのような自覚症状は、血液の循環がうまくいっておらず、脳内の血管になんらかのアクシデントが起きている可能性があるのです。

普段から高血圧と言われているけれど自覚症状はなく、たまにストレスなどで急激に血圧が上昇すると、このような症状が起きることもありますが、ひどい吐き気やおう吐がある場合にはすぐに病院へ行きましょう。すでに脳内で障害が起きているかもしれないからです。

肩こりや軽いめまいなどは我慢できるから、と放置せずに、不調を感じたら検査を受ける事をお勧めします。それは、サイレントキラーからのささやかな警告なのかもしれません。