高血圧治療、治療指針と降圧薬の特徴とは?

高血圧の治療について知りたい、治療指針と降圧薬の特徴とはなにか?

血圧が少し高いなと思っていたら、直ぐでした。

これは高血圧症で毎日が大変と口癖のように言っている男性の言葉ですが、高血圧症になるには、何も辛いことをしなければいけないわけではありませんし、難しい事をする必要もありません。ちょっと生活習慣をだらしなくするだけで、簡単に高血圧症になってしまうのです。ですがその逆は大変です。高血圧症から健康的な数字に戻すのは大変難しいことです。そして、その治療も大変です。
(⇒高血圧を運動や食事で治すには
(⇒高血圧症の食生活改善はとんでもなく大変なことでした

治療指針はどういったものなのでしょう?

高血圧症は通常生活習慣を修正することで良くなるものであり、これでも良くならない場合は薬物療法との併用で血圧を下げることになります。その時使われるものが降圧薬です。
(⇒治療指針はリスクレベルにより変えられる、あなたはどれにあてはまる?

降圧薬とは何か?降圧薬の特徴について

生活習慣を改善しても、血圧が正常な値を示さない時は、薬物療法に頼るほかありません。その時使われるのが降圧薬ですが、この降圧薬は血圧を一時的に下げる作用を持つ薬だと言うことです。これを良く理解しましょう。どういう意味かというと、この降圧薬は、血圧を一時的に下げるだけで高血圧症を治すわけではありません。あくまでもそれ以上の悪化を防ぐために使われる薬ということを覚えておいてください。

降圧薬を服用することで、高血圧症が続くことで起きる血管の損傷は格段に減る事でしょう。更には動脈硬化の進行もストップ出来ます。ただし、高血圧症のまま降圧薬の使用を中断すれば、これらはまたあなたの身体に害を及ぼし始めます。動脈硬化もまたもや進行していきますし、心臓などへの負担も元通り増えることでしょう。

この降圧薬を使用することで合併症を予防する目的もありますが、降圧薬を使用することでの根本的な原因解決にはならないのです。そのためあなたは高血圧症であることが変わらない事実として目の前に横たわっているため、生活習慣などはそのまま医師の指導の元、きちんとした修正を試みたもので生活を続ける必要があります。

高血圧症が快方に向かいつつあれば降圧薬を使わなくてすむ?

実は高血圧症が生活習慣の改善などにより改善され、血圧が正常の値を示し始めることもあります。人によっては生活習慣改善などでは全く変わらない人もいるのですが、正常の値になった場合、降圧薬の服用を中止することも可能です。

薬なんて飲むのは嫌!と思っている人にとってみれば、頑張れば報われるということが分かっただけでも嬉しいものですが、以前はこのように言われておりました。降圧薬を一度服用し始めると、一生服用しなければならない。そのように言われていたために、高血圧症と診断されると病院に行きたがらない方も沢山いましたが、実際は違います。徹底的に生活習慣を修正することで、高血圧症は改善出来るのです。

高血圧症は克服できます

あなたも適切な医師の指導の元、食生活などを中心とした、生活習慣の修正を行うことで、高い血圧の値を正常な血圧の値まで戻しましょう。合併症になる前に徹底的にこれらを行うことで、快適な毎日を送れるようになりますよ。素敵な毎日を取り戻しましょう。