高血圧にも色々ある?その分類について

高血圧にも色々ある?その分類について

ある程度の年齢になると、高血圧の心配をする人が増えて来ますよね。よく耳にする生活習慣病ですが、いったい血圧がどれくらいになったら高血圧と言い、どれくらいになったら危険なのか、調べてみたいと思います。

まず、血圧には「上」と「下」がありますよね。これは、心臓が収縮して血液を送り出し、血管に一番圧力がかかる時期の事を収縮期血圧と言い、最高血圧、つまり「上」の数値を指しています。反対に、心臓が血液を送り出した後に広がって血管への圧力が弱まる時期を拡張期血圧と言い、最低血圧、つまり「下」の数値の事を示しています。

正常な血圧値は、最高血圧が130未満で最低血圧が85未満であると定められており、そこから高血圧についての分類がなされています。

最高血圧130以上139以下、または最低血圧が85以上89以下の場合、正常高値血圧、と分類されます。

そして、最高血圧140~159、または最低血圧が90~99の場合、Ⅰ度高血圧。最高血圧160~179、または最低血圧が100~109の場合、Ⅱ度高血圧。最高血圧180以上、または最低血圧が110以上の場合、Ⅲ度高血圧、といった分類になります。一般的に、Ⅰ度高血圧以上になると、治療が必要と言われています。

高血圧は、心臓病や脳卒中など、様々な病気を引き起こしますが、正常血圧値の人に比べて、高血圧の人のリスクは高まります。正常高値血圧だから大丈夫、と安心せずに、生活習慣を見つめ直し、高血圧を防ぐよう心がけましょう。