毎日のバナナで高い血圧とさようなら?!

毎日のバナナで高い血圧とさようなら?!

少し前に「朝バナナダイエット」が流行り、店頭からバナナが消えたことがありましたが、記憶にありますでしょうか?日本では、ブームになると購買が集中しがちですが、冷静に見ても、バナナは健康にとてもよい食べ物なのです。

バナナには、豊富な栄養素が沢山含まれています。まずは、エネルギー源となる炭水化物。そして、お腹の調子を整える食物繊維、代謝をよくするビタミンB群、体内のバランスを維持するミネラルなどが含まれており、ミルクと一緒に食べたらすべての栄養素を摂取できる、と言われています。

ここで特に注目したいのが、ミネラルの一種、カリウムです。カリウムは、高い血圧を下げ、安定させる働きがあります。血圧が高い人は、一日400mgのカリウムを摂取するのが望ましいとのことですが、バナナには100gあたり360mgものカリウムが含まれているそうです。

バナナは、果物の中でも比較的安価で、スーパーなどで手に入りやすいですよね。しかも、包丁で皮をむいて食べるとなると若干手間がありハードルが上がりますが、手で皮をむいてすぐ食べられると言う手軽さも魅力。甘くてお腹もしっかり満たしてくれます。

ただ、カロリーは高めなので、体にいいからとやたらに食べすぎるのはあまりお勧めできません。何事もほどほどが一番。一日一本のバナナ習慣を心がけたいですね。手軽に美味しく健康管理できる毎日のバナナ摂取、今日からでも、ぜひ始めてみませんか。