高血圧 脳症

年々患者数が増え続ける高血圧症

重い心臓病や脳卒中を引き起こす可能性がある高血圧。ある程度の年齢になると途端に周りの人がほぼみんなかかるような、身近な病気ですよね。

食生活が豊かになり過ぎたからか、複雑な社会構造の中でストレスが増えたのか、原因は定かではありませんが、高血圧の治療を受けている患者は、年々増えていっています。これは、日本だけでなく、世界的に見ても深刻な状況のようです。世界保健機構(WHO)は、2013年に、「25歳以上の3人に1人が高血圧であると推測される」と発表しました。これは重大な数値です。

この高血圧患者数の増加は、我が国の社会保障費も圧迫しています。高齢者医療のうちの多くを高血圧治療が占めており、社会問題にもなっているのです。

身近な病気だからこそ、早めに手を打って予防することが肝心です。高血圧の原因ははっきりと特定できませんが、長年の生活習慣が積み重なって起こるとされています。たとえば、脂肪分や塩分の多い食事をずっと続けていた人は、腎臓の機能が落ち、排泄がうまくいかなかったり脂肪分が血液に溶け込んだりして、血がどろどろになります。そうすると、その重い血液を一生懸命流そうとして、心臓や血管は異常に頑張ることになり、大変な負担がかかります。心臓が血液を押し出そうとする圧力が血圧ですので、心臓が異常に頑張るというのは=血圧が上がってしまうということです。

そのような状態にならないよう、普段から脂肪分や塩分の低い食事を心がけることが大切。脂肪分や塩分を控えると同時に、ビタミンやカリウムはできるだけ摂取するようにします。ビタミンやカリウムは血管を強くし、血圧を抑える働きがあるからです。ビタミンやカリウムを多く摂るには、野菜、豆類、果物(特にバナナ)、などを食べるようにしましょう。

バランスの良い食事で体が健やかに軽くなったら、気持ちもすっきりするはずですよ。ぜひ一日も早く生活習慣の見直しを行いましょう。

過度の緊張やストレスは血圧を上昇させる!

血圧が上がると、心臓病や脳卒中など、危険な病気を引き起こしかねないですよね。いわゆる生活習慣病の一つで、長年の食生活や運動不足が原因とされていますが、過度の緊張やストレスも、血圧を上昇させる一因なのです。

過度の緊張状態やストレスがかかった状態になると、交感神経が過敏に反応し、血液の流れが異常に強くなります。緊張状態で眠くなる人はあまりないと思いますが、それは、この血流の強さによるのです。血液が異常に強く流れようとするということは、血圧が上昇する、という事です。循環器がいつも以上に頑張り、血管の壁もすりきれんとばかりに摩擦され、かなりダメージを受けます。

高血圧を予防、改善するには、このような緊張状態を避け、ストレスを上手に解消することが大切です。ストレス解消がお酒で泥酔しくだを巻くこと、たばこを吸うこと、という人は、何か違う方法を探す必要があるでしょう。お酒の飲みすぎやたばこは、血液をどろどろにし、血管を弱らせますので、逆効果です。

お勧めのストレス解消法は、運動、温泉、アロマテラピーです。適度な運動は血液の巡りをよくすると同時に気分転換になりますし、適した温泉浴は血圧を下げる効果があります。また、アロマテラピーは、自律神経を整えて血圧を安定させてくれます。

ある程度の緊張感は生活にハリをもたらしてくれますし、ストレス0の人生なんてありえません。ですが、それらを上手に軽減させる方法を自分なりに見つけることで、健康な体を作り、さらに生き生きできるのだと思います。ぜひご自分に方法を探してみてくださいね。

血圧異常は脳症を巻き起こす危険信号!

60代くらいになると、多くの人が高血圧になりますよね。ですが、みんななっている症状で、老化現象だからなるのは当たり前、と思って放置するのは禁物です。

なぜ血圧に異常が起こり、その値が上がるのかというと、原因を特定するのは難しいですが、長年の生活習慣が積み重なって起こる事が多いようです。たとえば、脂肪分や塩分の多い食事ばかりしていると、腎臓の機能が衰えて塩分や水分が上手に体外に排泄されなくなりますし、血液の脂質が増えてどろどろになって血管の壁につきやすくなります。そうすると、それを頑張って押し流そうとして循環器が異常に頑張らなければならなくなり、負担がかかってダメージを受けるのです。

また、どろどろの血液を無理矢理押し流そうとしている状態は、脳にとってもひじょうに危険です。脳の血管内に血栓ができて詰まってしまったり、その中を猛烈な力で血液が流れようとしてきて血管の壁に負担をかけてしまい、脳症を巻き起こす可能性があるからです。脳症を起こすと、体に障害が残ったり、最悪死に至ることもあります。

このように、血圧異常は、たとえ自覚症状がないにしても、見逃せない危険信号なのです。少しでも改善、予防するためには、普段の生活習慣を見直すことから始めましょう。薬を飲むだけでは、安定はするものの、抜本的解決にはなりません。野菜中心の薄味食を楽しむようにし、飲酒はほどほどに、喫煙はできるだけやめましょう。そして、適度の運動で血液の巡りをよくし、代謝を上げることも大切です。バランスがよく体に負担をかけない食事と運動は、体だけでなく、気持ちもすがすがしくしてくれると思いますよ。

高い血圧を下げて安定させるアロマオイル

私たちの生活でとても身近になってきたアロマテラピー。最初はリラックスや身だしなみ的に取り入れることがメインでしたが、だんだん医療の現場にも浸透してきました。

アロマオイルは、ただいい匂いがして気持ちがよくなる、だけのものではありません。実際に殺菌作用や防虫作用のあるアロマオイルもあります。ティーツリーやレモングラスなどがそうです。また、ユーカリやペパーミントのように、鼻やのどの粘膜に働きかけ、花粉症や風邪の症状を緩和してくれるものもあるのです。

先ほど「ただいい匂いがして」と書きましたが、「いい匂い」というのは、実は体にとてもいい影響を与えてくれるものなのです!匂いは、鼻から脳に信号が伝えられて感じる感覚です。その際に神経にまでいい匂いの信号は届きます。すると、自律神経を整える素晴らしい効果が期待できるのです。

アロマオイルの中でも、ラベンダー、プチグレンは鎮静効果が高く、血圧を下げる作用があると言われています。レモンやグレープフルーツなど、柑橘系の香りも気分をやわらげ、血圧を落ち着かせてくれます。

アロマテラピーの取り入れ方は様々ありますが、ハーブティーを飲む、アロマポットやディフューザーでアロマオイルを部屋に広げて芳香浴する、アロママッサージをする、バスタブにオイルを数滴入れて入浴する、などが一般的です。

医療的にアロマテラピーを取り入れる場合には、使用方法や使用量に注意する必要があります。たとえば、低血圧の人が鎮静効果の高いオイル芳香浴を高い濃度ですると、気分が悪くなる、という事も起こりうるからです。正しい使い方でアロマオイルを取り入れて、健康で穏やかな生活を送りたいですね。

高血圧予防のためにしたいことと食べたい物

医療の発展により、よい状態が保たれる人も多くなりましたが、依然高血圧患者はたくさん日本にいます。高齢者医療制度が賄っている金額のうち、かなりの部分が高血圧治療に使われていて公費を圧迫しており、社会問題にもなっています。

社会問題を少しでも改善するためにも、高血圧にはならないよう予防しなければなりません。もちろん、社会全体をマクロで見るだけでなく、あなたの健康をミクロの視点で見ても、高血圧にならないに越したことはありません。

高血圧は、それ自体は怖い病気ではありませんが、心臓病や脳卒中など、死に至るような重大な疾病を引き起こします。自覚症状をあまり感じないうちに体がぼろぼろになっていくことから、「サイレントキラー」と呼ばれる恐ろしいものなのです。

では、高血圧を予防するためにはどうすればよいのでしょうか。高血圧は、長年の生活習慣が原因でなってしまうと考えられています。カロリーや塩分、脂肪分の多い食事、運動不足、ストレスなどが内蔵の働きを衰退させ、血液をどろどろにし、自律神経の働きを狂わせるのです。ですので、予防するためには日々の生活習慣を改善することが実は一番の近道です。

まずは食事。塩分や脂肪分を控え、野菜中心のあっさりした食事を心がけましょう。野菜がなぜよいのかと言うと、ビタミンは血液の循環に重要な役割をしているので不足すると高血圧になってしまうからです。また、ミネラルが豊富な海藻類も摂りたい食品です。

そして、おいしくて手軽に食べやすいバナナは、高血圧予防をしたい人にはとてもお勧めです。バナナには、血圧を下げて安定させるカリウムというミネラルが豊富に含まれています。安価で手に入れやすいので、ぜひ毎日の健康生活に取り入れてみてくださいね。

温泉療養で高い血圧を治しましょう!

血圧が高くなると、心臓病や脳卒中など、死に至るような深刻な病気を招く可能性があります。ですので、そうならないように、普段の生活で血圧を安定させることが大切です。

高血圧の原因は特定するのが難しいですが、長年の生活習慣による影響である場合が多いようです。特に、脂肪分や塩分の多い食事は血液をどろどろにし、高血圧を引き起こします。血液がどろどろになるとうまく血管内を流れなくなります。それを無理に押し出そうとしてさらに血管に圧力がかかり、血圧は上がってしまうのです。

この状態を鎮静させるには、食事を野菜中心に切り替え、脂質や塩分を減らしてビタミンやカリウムを多く摂るようにします。適度な運動も効果的。高血圧は生活習慣病ですので、その名の通り、生活習慣を改善することで症状も緩和されるのです。

そのような改善法と同時に、温泉療養も効果的です。入浴すると、皮膚表面の毛細血管が拡張し、血圧が下がります。これは一時的なものである程度時間が経つとまた上がってしまうのですが、硫化水素や二酸化炭素を多く含む温泉につかると、同じ入浴時間でも、あがった後の血圧値がより長く安定するという事が確認されています。

では、低血圧の人は温泉に入らない方がよいのかと言うと、そういう訳ではありません。温泉は、正常な血圧値を保ってくれるので、むしろ血圧が低い場合でもお勧めできる療法なのです。

水圧や気圧を考えると、高血圧の人は浅めの温泉、かつ海抜の低い低地の温泉が向いているそうです。また、温度も重要。熱いお風呂は交感神経を刺激して血圧を上げるのでぬる湯が基本です。

症状によって向いている温泉や入浴法が細かくありますので、血圧改善に温泉療養を取り入れたい人は、医師や専門家に相談してみるとよいかと思いますよ。

あまりに血圧が上がると吐き気を催すことがあります

加齢により、血圧が上がる人は沢山いますよね。健康に見えても血圧の薬だけは飲んでいる、というシニアはよく見かけますし、実際、高齢者医療費の中でも高血圧の治療は大きな割合を占め、社会問題にもなっているのです。

そんな身近で問題視されている高血圧ですが、サイレントキラーとも呼ばれ、あまり自覚症状がないうちに体を蝕み、深刻な疾病を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

もし吐き気などの自覚症状を感じたら、それは見逃せません。急激に血圧が上がると心臓に負担がかかったり、脳に障害を生じさせます。脳の血管になんらかの異常が生じると、吐き気を催す事があります。これは、脳にあるおう吐中枢神経が刺激されてしまうほど、脳内の圧力が上がってしまっている状態の時に起こりますので、大変危険です。すぐに病院へ行き、検査するようにしましょう。

高血圧によって巻き起こされる脳の病気としては、くも膜下出血、脳動脈硬化症、脳こうそくなどがあります。これらはまとめて脳卒中とも呼ばれます。いずれにしても最悪の場合には死亡したり、一命はとりとめても重度障害を残してしまう事がある恐ろしい病気です。

このような病気にならないためには、普段から食事や運動に気を使う事がなにより大切です。野菜中心の高ビタミン低脂質な食事を心がけ、運動をして肥満にも気をつけます。日々を楽しく健やかに過ごすことで病気を防ぎ、いつまでも生き生きと過ごしたいですね。

血圧の上昇により生じるめまいなどの症状

私たちの体の中では、血液が絶えず流動しています。その流れを司るのが心臓ですが、心臓が血管に血液を送る際には圧力がかかり、どれくらいの圧力なのかを確認するのが血圧値です。心臓が収縮して血液を送り出すときに血圧値は最高になり、その後拡張する時に血圧値は最低になります。この最高値と最低値を測ることで、健康状態を調べます。

最高値が140以上、または最低値が90以上になると、高血圧と呼ばれます。人によって様々ですが、基本的には高血圧自体にはさほど自覚症状はないと言われています。高血圧自体は怖い病気ではなく、それによって引き起こされる心臓病や脳卒中が危険なのです。自覚症状なく、静かにいつの間にか体をむしばみ、深刻な疾病を引き起こして死に至らしめる可能性があることから、高血圧は「サイレントキラー」とも呼ばれています。

高血圧に自覚症状はあまりないと言いましたが、肩こり、めまい、頭痛、などをもよおす事もあります。逆に言うと、このような症状を感じたら、危険信号だと思ってください。そのような自覚症状は、血液の循環がうまくいっておらず、脳内の血管になんらかのアクシデントが起きている可能性があるのです。

普段から高血圧と言われているけれど自覚症状はなく、たまにストレスなどで急激に血圧が上昇すると、このような症状が起きることもありますが、ひどい吐き気やおう吐がある場合にはすぐに病院へ行きましょう。すでに脳内で障害が起きているかもしれないからです。

肩こりや軽いめまいなどは我慢できるから、と放置せずに、不調を感じたら検査を受ける事をお勧めします。それは、サイレントキラーからのささやかな警告なのかもしれません。

ビタミン不足が血圧の異常を引き起こす!

美容、健康のために欠かせないビタミン。なぜ欠かせないのかと言うと、体の調子を整える様々な働きをしてくれるからなのですが、不足すると、血圧の異常を引き起こす危険もあるのです!

ビタミンは、ひと口に言っても、沢山種類がありますよね。たとえば、野菜や果物に多く含まれるビタミンCは、肌のホワイトニングに効く事で有名ですが、実は、血管を強くするという作用もあります。その他、豆類や卵に多く含まれるビタミンEは、血液の流れをよくしてくれますし、牛乳や納豆などに含まれるビタミンB2は、コレステロールや中性脂肪を減らす作用があります。

これらのことから、ビタミンは血液の流れに非常に重要な役割を担っている事がわかります。不足すると、血管が弱まり、血液がどろどろになるのは目に見えていますよね。

血管が弱まり、血液がどろどろになると、細い血管の中を無理矢理血液が押し流される状態になり、スムーズに流れなくなります。それを押し出そうとしてさらに血液を送ろうとし、結果的に血圧が上がり、心臓に負担がかかる事になります。こうならないためにも、ビタミンは大いに摂りたい栄養素なのです。

ビタミンを摂取するには、野菜、果物、豆類などをバランスよく食べる事が大切です。バランスのよい食事は大変だから無理、という方は、上質のサプリメントでビタミンを補う事も効果的。多めに摂ってしまっても尿で排泄されますので、心配する必要はありません。

ビタミンを豊富に摂れば、美しく健康な体を維持することができるはず。ぜひ積極的に摂取してくださいね。

高脂血症と高血圧はいわば兄弟です!

生活習慣病の中でもかなりメジャーな立ち位置にいる、高血圧。心臓が収縮して血液を送り出す収縮期血圧が140以上、または収縮後に心臓が拡張した時期の拡張期血圧が90以上になると、高血圧である、と定義されています。

高血圧になる原因は様々で、なかなか特定できないものですが、その中の一つに高脂血症があります。これは、血液中のコレステロールや中性脂肪が多くなり、血液がどろどろになっている状態の事を言います。血圧が高いと、血管の壁に負担がかかって硬くなり、道が細くなって血液が流れにくく淀み、血液をどろどろにしますが、逆に、血液がどろどろだと、血管の壁にこびりついたりして流れがスムーズに行かなくなり、さらに血管の状態を悪化させます。高脂血症になると高血圧になりやすくなるのは、このようなメカニズムからなのです。

では、高脂血症にならないためにはどうすればよいのでしょうか。血中のコレステロールや脂質を下げる必要がありますので、食事でこれらを控える事が予防につながります。コレステロールを多く含む食べ物としては、卵、イカ、たこ、エビなどが有名ですが、それ自体は多く含まなくても、血中のコレステロールを増加させる食べ物があります。その主なものは、乳脂肪分、チョコレート、脂質の多い肉、などですので、摂りすぎにはくれぐれも注意しましょう。一方、コレステロールを下げる食べ物としては、大豆製品、野菜、海藻類、青魚、などがありますので、これらを積極的に摂取するようにしたいものです。

高脂血症と高血圧は密接につながっており、いわば兄弟分です。いずれも日頃の食生活改善や運動によってかなり予防できますので、なってしまう前から健康生活を心がけましょう。